Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/jujutaku10/usccbcca.org/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
上手に利用すれば無利息に!利用者に優しい消費者金融はココ【金餅】

消費者金融 無利息

消費者金融の無利息キャンペーンがとてもお得だといえる理由

節約はどこまでも追求する

男で独身の暮らしにもすっかり慣れてしまい、家事や家計管理については女性にも負けない自信があります。そりゃ出会いがあれば結婚したいとは思いますが、さすがにここまで色々できるとちょっと出来るくらいの女性だとどうしても口うるさく注意してしまいそうで、やっぱり私は独身のままの方がいいかもしれません…(笑)

それはさておき、自分一人の収入をきっちり管理していますので、必然的に節約癖が身についてきます。しかしながら節約してもどうにもならない時というのはありまして、洗濯機が故障してしまったので、買い替えをしなくてはならなくなりました。

前の洗濯機が古くて取り出すのが一苦労だったのでドラム式のタイプにしようと思ったのですが、これがどれも高いです。かといって旧式のものは今更選びたくない…という事で、カードローンを使ってみる事にしたんです。

しかしカードローンを使うなら利息が発生するという事で、当然の事ではありますが節約ばかりを重視していた私にはどうしても抵抗があります。だからといって急にドラム式洗濯機の代金なんて用意もできないし…と思案しながらカードローン紹介サイトを巡っていた時でした。

消費者金融には無利息キャンペーンが多い

とある消費者金融のカードローンを見ていると、驚きの事に現在キャンペーン中という事で無利息でお金が借りられるではありませんか!利息が取られて当たり前のカードローン業界において、これは無視出来ない存在でした。

もちろん無利息キャンペーンで永遠無料というわけではありませんが、該当期間の間だけ利息が発生しないだけでも、私の好きな節約には十分役立ちます。ここしかないという事ですぐさま申し込み、融資までが速い消費者金融というだけあって審査はすぐに終わりました。

キャンペーン中は本当に金利が発生せずに、本当に借りているかどうかがわからなくなるくらい便利でしたね。しかも何とかキャンペーン中に返す為にやりくりしたおかげで完全に無利息のまま返す事が出来て、ほとんど負担がない状態でお金を借りて返す事ができたのです。消費者金融というとむしろ銀行よりも高くつくイメージが強かったのですが、やはりキャンペーンは強し!という感じでしょうか(笑)

すでにキャンペーンは終わってしまいましたが、万が一また使う時でも金利も高すぎるというわけでもありませんし、いざという時に備えられると思えば、むしろ安いのかもしれませんね。

個人事業主のあなた!消費者金融各社はこんなローンを用意してます

不景気という言葉が当たり前に聞こえる近年、個人事業主の方は資金のやりくりが非常に困難になっていると思います。聞きたくもないニュースが耳に入り、気も滅入ってきてしまうことも多いでしょうが、この時期をなんとか耐え抜いて頑張っていただきたいです。そのための足場に、非常に小さな足場にしかならないかもしれませんが、応援の意味も込めて知っていただきたいことがあります。

○個人事業主向けに用意されているローンの特徴
基本的に、個人事業主向けのローンは担保が必要となります。お金の貸し借りには信頼が大前提となりますので、融資をするかしないかの最重要点である経営状態が悪い場合は、土地や店舗そのものを担保にして借りるしかありません。担保が出来ないと判断された場合には連帯保証人を誰かに担ってもらうしかありませんが、最近では無担保で組めるローンを銀行以外の消費者金融等の金融機関も用意し始めています。勿論、審査を通るかどうか次第ですが、無担保で組めるローンで借り入れできる金額は、銀行が行っている担保必須の融資と大きな差は無くなって来ていますので、その場しのぎでもしないよりはましです。銀行が駄目だったからと言って諦めてしまわないでください。

また、資金の運用法についてたくさんの窓口もあります。住んでいる地域の役所が行っている個人事業主向けの相談会がありますし、ファイナンシャルプランナーの資格を持つ人たちが、ネット上で様々な運用法についてのノウハウを揚げていますので、個人事業主だからと言って、一人で抱え込んで立ち行かなくなってしまう前に、早い段階で周囲の窓口に足を向けることで、危機を回避することがきっと出来ます。

何よりも大事なのは、常に営業改善を念頭に置いた事業展開をしていくことです。確かにその場しのぎはしないよりはしたほうがましですが、その場しのぎは精神的にも体力的にもたくさんのスタミナを使いますので、いずれは立ち行かなくなってしまいます。その場しのぎをしてからどうするのか、あるいはそうならないためにはどうするのかを常に考えながら経営に臨んでいくことが、一歩前に進む個人事業主の理想的な姿なのです。

暗いニュースばかりが目立ちますが、ここ数年は倒産件数や無職に追いやられてしまった人の数は、減少傾向にあるという調査結果も上がってきています。大変な時勢だとは思いますが、決して自転車操業にならないように注意しながら賢くローンを利用し、経済の波を上手く乗りこなして、つらい時期をぐっと耐え抜いてほしいと願っています。

お金の借り入れ、個人での利用と中小企業との違いについて

個人での借り入れと、中小企業としての借り入れの違いについて消費者金融に関して言えば、金利幅には大きな差は特にありません。審査で見られる部分に関しても、例えば返済能力を問われる収入面で言えば、個人の場合は年収がいくらくらいなのか、加えて職種や業種がチェックされます。中小企業の場合は年間の収益がどのくらいなのか、個人と同様に業種や業態がチェックされ、借り入れできる金額や金利が決定されます。金利幅も制度上、大きな差はなくなってはいますが、個人よりもより大きな金額を必要とする中小企業の場合は、審査が厳しく、貸す側の抵抗が大きくなっているのも事実です。

個人での借り入れ限度額は、年収3分の1までと決められていますが、中小企業の場合はいくらまで借り入れが出来るのかは、審査次第となります。一昔前までは、土地等を担保にいれて借り入れをするのが常識でしたが、消費者金融では無担保でのローンも用意されています。ただし、金額に関しては担保を必要とするもののほうが高く、土地を担保とするもので最大で10億円、権利などを担保にするもので最大2億円、無担保のものだと最大で800万円と大きな差があることを知っておいてください。

借り入れ金額の多額な点や、使い道も定まっているという意味では、個人に行われる審査に比べ中小企業には時勢もあり厳しいものとなっています。資金運用に困り、倒産してしまった企業もここ数年急増してしまいました。それでも、この国を支えているのは中小企業です。
以前ほどの、資金の貸し渋りや締め付けも和らいできていますし、少しずつですが景気もよくなる兆候を示しています。決して弱気にならず、常に上昇志向であり続け、様々な場所で開かれている資金運用に関する窓口や、銀行以外の金融機関での借り入れを賢く利用して、これからもこの国を支え続けていって欲しいと願っています。

今の時代、お金を借りるのに来店不要なの知ってましたか?

インターネットが当たり前に普及した今の社会では、直接来店することなく利用できるサービスを消費者金融各社が行っています。どのように、何を使い何が出来るのかをご紹介します。

○銀行や街中に設置してある無人契約機を使う場合
ここでは、契約から審査、借り入れ金の引き出しや返済まで本来の窓口での業務が行えます。申請する金額や、契約するローンの内容によっては即日利用できる場合もあり、また手数料も基本的には無料となっています。例外として銀行でのカードローンの場合は、利用するために必要なローンカードの発行手数料1050円が必要となりますので、注意しましょう。また、最近では自行の口座を持っていなくてもローンを利用できるサービスを行っている銀行もありますので、ますます利用者向けに便利さは増しています。

○インターネットを使う場合
契約や初期段階での審査を行うことが出来ます。消費者金融各社のHPから申請を行い、必要書類を郵送かFAXすることで、借り入れ金が早ければ即日利用者の指定する口座に振り込まれます。また、最近ではインターネット上での口座であるネットバンキングを持っていれば、そちらを利用して借り入れや返済も行えますので、時間や場所を選ぶことなく利用できますし、手数料もかかりません。

○電話を使う場合
主に契約のための事前審査が行えます。電話により申請を行い、簡易的な審査を受けた後、必要書類を郵送かFAXし書類審査が通れば、ローン利用をすることが出来ます。24時間対応サービスや、女性向けに電話の受け手を女性のみとしているサービスも用意されています。

○ATMを使う場合
借り入れ金の引き出しや、返済が24時間いつでも行えます。審査を通り、自らが指定した口座に振り込まれた借り入れ金を近くのコンビニエンスストアに設置してあるATMや、借り入れをした消費者金融の提携ATMで引き出すことが出来ます。また、契約の際指定された口座への返済も可能なので、空いた時間やふらっと立ち寄ったときでも利用できる、時間を問われない非常に便利なサービスです。ただし、ATM利用の際の基本的な手数料が発生する場合もありますので、注意しておきましょう。

以前のように直接窓口に出向き、気まずい思いをすることなくお金の借り入れが出来るからと、安易な気持ちで利用した人の多くが、身近だからいつでも返済できるという気の緩みで、返済期日を忘れることが多いようです。利用方法がどういった形であれ、借金をするという行為は責任能力が問われる行為ですし、期日を守れなければ当然罰則もあります。きちんと期日を守って返済義務を果たし、上手く活用しましょう。

人目を気にせずお金を借りれる無人契約機、その仕組みとは

借金をする際に利用できる無人契約機。誰かと顔を合わすことなく、お金の借り入れが出来るこの機械は非常に便利で身近なものとなっています。借り入れの申請から借り入れ金の引き出しや返済までを一貫して行うことが出来ます。

○無人契約機の仕組み
画面の指示に従いながら、契約に関する手続きを行っていきます。ATMを操作するのに似たものと思っていただければ大丈夫です。無人契約機のそばには、オペレーターと音声通話を行える機器が備え付けてありますので、画面での操作を行いながら分からないことや詳しいやり取りはオペレーターの指示に従いながら行っていきます。審査も通り契約が済むと、借り入れ金を引き落としたり、返済時に必要なローン専用のカードが発行されますので、それを受け取って終了となります。

○メリット
直接店舗まで足を運ばなくても利用できること。誰かに顔を見られることが無いので、友人や知人に知られずに借金できるということ。24時間対応しているものもあるので、いつでも好きなときに借り入れ契約できること。等が挙げられます。

○注意点
街中や、道路等に面した場所に設置してある無人契約機の周りには、借金に困っている人や返済をするためにある程度のお金を持っているであろう人狙って、悪いことを考えている人が待ち伏せている場合がありますので、利用する際と利用終わりには、つまらない犯罪に周囲に注意を払っておきましょう。また、顔が見えないことで安易に利用しがちになってしまいますので、借金をするという行為そのものを決して軽視しないよう心がけておくことも必要です。

消費者金融を利用したいあなたが気になる金利について

借金の返済には必ず金利がつきます。金利とは利息分を算出するために決められている割合で、借金という行為が安易に行われてしまわないようにするための、枷のようなものです。しかしながら、どうしても必要なときには借金に頼るしかありません。そういったときでも、やはり金利は低ければ低いほうが返済も多少ですが楽になります。身近な消費者金融がどの程度の金利でローンの提案をしているのか、事前に知っておけば余計な時間や失敗をせずに、お金の借り入れをすることができます。

○借り入れ金額によって金利の上限は決められている
ヤミ金融やサラ金といった言葉で犯罪をイメージする人も多いでしょう。そういった犯罪の横行に歯止めをかけるため、消費者金融とそういった犯罪に携わる金融業態を線引きするために、金利の上限は法律上定められています。過去に何度も改定されていて、現在の金利の上限は年率20%と定められています。また、借り入れ金額によっても上限が決められていて100万円以上なら年率15%、10万円以上100万円未満なら年率18%、10万円未満なら年率20%となっています。

○金利と審査の関連性
どの消費者金融も、申請された借り入れ金額等を含めて行う審査によって金利を設定しています。個人利用向けに用意されているローンプランの平均的な金額は50万円~500万円、最低で10万円最高で1000万円となっていて、金利も平均で5%~15%、最低で3%最高で19%となっています。審査によって借り入れできる金額とともに金利が決定されるのですが、実は借り入れ金額が高ければ高いほど、返済期間の設定が長ければ長いほど金利は低くなる傾向があります。低くなるとは言え、借り入れ金額が高く返済期間が長くなれば、結果として払わなければならない利息は多くなってしまうので、注意しましょう。

街で見かけた『借り換え』ローン、消費者金融が関わるその仕組みとは

様々な消費者金融で借金してしまい多重債務に陥っている人におすすめしたいのが、借り換えローンです。最近ではおまとめローンとも呼ばれているこのプランは、多重債務によって起こる様々な煩わしさを、返済する口座を一括でまとめてしまうことで解消できます。

○メリット
借金を一括にまとめて一社から借り入れすることになるので、複数で借り入れていたときよりも金利が低くなる場合があり、返済総額を抑えられる場合があること。(金利は借り入れ金額が同額でも各社によって異なるため)
借金をし直すということになるので、金額や返済日、返済窓口等を含めた支払いプランの見直しができ、状況に見合った返済を行えるようになること。

○デメリット
借り換えローンを行うための審査が必要で、そのために通常のローン審査よりも多くの書類を提出しなければならなかったり、審査も時間をかけて行われること。
借り換えローンを扱っている金融機関によりますが、ローンが始まると返済が終了するまで増額を申請することが出来なかったり、他の金融機関での借り入れが出来なくなってしまう場合があること。

一見すると非常に親切なローンプランに感じてしまうかもしれませんが、ローンはローンであることに変わりありません。借り入れした金額には金利がつきますし、返済日だって必ず守らなければなりません。ばらばらに借りていたものが一括になったからと言って、借り入れている金額の総額が減るようなことはありませんので、返済は忘れずきちんと行いましょう。そして、二度と多重債務に陥ってしまわないよう気をつけましょう。

年齢による制限はあるの?借金する際の年齢と契約について

根本的には職種や、収入面を問わず社会人であれば誰でも利用することができる消費者金融ですが、実は年齢による制限が設けられています。その制限の対象となるのが、20歳未満の人と70歳以上の人です。

○20歳未満の人への制限理由
消費者金融を利用するための大前提が社会人であること、借り入れしたい本人が安定した収入を得られていない場合が多いこと、社会のルールや習慣に対して未成熟であること等が挙げられます。ですが、消費者金融の中には、18歳以上で高校生以外の学生を対象にした学生ローンというプランを用意している会社があります。このプランは身分証明書に加えて学生証、場合によっては保護者の同意証明書が必要となり、審査を通れば限度額50万円まで借り入れをすることができます。審査の際、最も重要視されるのが本人の返済能力にありますので、きちんとアルバイトをして安定した収入があることを証明できるようにしておくことが必要不可欠です。

○70歳以上の人への制限理由
消費者金融での借り入れでは収入面が安定しているかどうかが重要になってくるのですが、現代の日本において70歳以上という年齢層は、定年を過ぎており年金が収入源とみなされますので、返済能力が無いと判断されていることが挙げられます。しかし今後、ますます高齢化社会は進んでいく傾向にあるので、近い将来70歳以上の人への制限が取り払われる可能性がないとは言いきれません。70歳という年齢を迎える前に、ある程度の貯金をしておくことをお勧めします。

大手消費者金融の概要と、扱う商品内容について

大手消費者金融と一言にいっても、実はその構成には違いがあります。今現在、大手消費者金融と呼ばれているもののほとんどが、銀行と提携して経営を行っているものと、銀行の子会社として経営しているものとなっています。様々なローンプランの提案や、低金利での借り入れを可能にしているのも銀行との繋がりがあるためです。以下に代表的な大手消費者金融会社を紹介しますので、参考にしてみてはいいかがでしょうか。

○レイク
親会社である新生銀行は、昭和27年12月に創業された銀行です。初めての利用者向けサービスに30日間と180日間無利息期間を設けていたり、即日借り入れ可能、提携するコンビニATMでの返済手数料無料などのサービスを行っています。

○アコム
昭和11年に創業、同53年に設立され平成13年からは三菱UFJフィナンシャルグループの子会社として運営しており、初めての利用者には最大で30日間の無金利期間を設けていたり、最大借り入れ金額が500万円まで利用できるローンプランなどを商品として扱っています。

○プロミス
昭和37年に設立された三井住友コンシューマーファイナンスと業務提携しており、借り入れに関する審査や契約が、年間を通していつでも都合の良いときに利用できるサービスや、ポイント制度を設けていたり、女性でも利用しやすい対応サービスを行っています。

○アイフル
創業されたのが昭和42年、設立されたのが昭和53年の消費者金融会社として唯一、銀行とは業務提携も子会社化もせず、独立して貸し金業を行っている会社です。1000円から借り入れ可能であったり、借り入れや返済に関する独自の相談窓口を設けていたり、最短で30分の審査、即日借り入れなどのサービスを抱負に揃えています。

○モビット
三井住友コンシューマーファイナンスと三菱東京UFJ銀行の合弁により、平成12年に設立された比較的新しい消費者金融会社です。多くの消費者金融会社がインターネットを利用できるサービスを展開していますが、この場合、必要書類を郵送する必要があり借り入れまでに時間がかかってしまうことがあります。唯一モビットでは、指定の銀行口座を持っていると必要書類を郵送することなく、契約から借り入れまですべてインターネット上で済ますことのできるサービスを行っています。

ここに挙げた大手5社はいずれも、初めての利用者向けサービスに力をいれており、より身近で便利な消費者金融会社であることを強調しています。利用される際は、自身の収入状況や生活圏に見合うことを大前提に選ぶことをお勧めしておきます。

身近にあるATMで借金や返済が出来るのを知っていますか?

そもそもATMとは現金自動預け払い機の省略された呼び方で、消費者金融各社はこの便利な機能を使った様々なサービスを展開しています。そこで、コンビニエンスストアに設置してあるATMと、消費者金融が設置しているATMで行える借金に関わる事項をご紹介しますので、身近にあるATMがどういったものか再確認してみてはいかがでしょうか。

○消費者金融各社が設置するATM
このATMの場合、無人契約機と呼ばれていますが、その名のとおり店舗へ直接足を向けなくても、借金の申し込みから審査、借り入れ金の引き出しから返済まで、契約に関わる一連の工程を行うことが出来ます。基本的にローンを組む際にはローンカードという専用のカードが必要となりますが、このカードの発行も無人の機械が行ってくれますので、誰にも知られること無く借金をすることができます。

メリットとしては、誰にも知られずに借金できる点、各社によって営業時間は違いますが、指定された時間内での申し込みであれば即日借り入れを行えるので、急用で必要なときに便利な点が挙げられます。事前に契約に必要な書類を用意しておけば、さらに時間短縮することもできます。

ただし、利用する際には設置してある周りに注意を払っておく必要があります。借金をするにしても、返済をするにしてもある程度のお金を持って利用することになりますので、そこに目をつけ待ち伏せているような犯罪者がいる恐れがありますので、無人で契約できるとは言え、お金を持ち歩くのですから気を抜き過ぎないように気をつけましょう。

○コンビニエンスストアに設置してあるATM
ローンカードを使うことにより借金の引き出しと返済が行えます。消費者金融各社24時間対応で行えるサービスを展開していますので、都合の良い時間に利用することができます。また、指定された口座利用や消費者金融と提携しているATM利用での引き出し、返済であれば、ATM利用手数料が無料で利用できることも便利な点として挙げられます。

これら2種類のATMを上手く利用することが、借金との上手な付き合い方とも言えます。注意しなければならないのは、人を介さずに借金をしてしまうと、責任感を感じにくいため返済を怠ってしまう傾向がありますので、いつでも利用できることに安心しすぎないようにしましょう。

借金するのを迷っているあなた、世の中には様々なローンがあります

一言にローンと言っても実は様々な用途、利用したい人の状況に合わせたローンプランを、消費者金融各社は用意しています。借り入れ可能金額や返済期間、金利に違いがありますので事前に知っておくと良いでしょう。以下にご紹介します。

○カードローン
借り入れしたお金をどのように使うかは自由となっているローンプランで、制度によって決められている個人利用限度額の範囲内であれば、何度でも利用することが出来るもので、ほぼ全ての金融機関が取り扱っています。借り入れまでの期間が即日可能であったりと、非常に短いことが特長です。平均的な金利は4~15%、限度額は30~500万円となっています。

○自動車ローン
自動車の新車、中古車を買う際や運転免許取得のために通う学校の費用など、日常での自動車やバイクに関わる費用を目的として、基本的に担保無しで利用することの出来るローンプランで、多くの金融機関が取り扱っています。平均的な金利は2~10%、限度額は30~500万円となっています。

○住宅ローン
土地や住宅を買う際や、今住んでいる住居の新築・改築などの費用を目的にしたローンプランで、担保として土地、住居が必要となります。多くの金融機関が取り扱っていますので、気軽に相談してみるといいでしょう。平均的な金利は1%未満、限度額は50~5000万円となっています。住むところは生活にとって欠かせない事柄ですし、担保も必要となるためしっかり判断してから利用するようにしましょう。

○おまとめローン
様々な金融機関からの借り入れをまとめて借り換える目的として、扱っている金融機関はある程度限られてきますが担保が必要なものと、無担保で利用することもできるものがあるローンプランです。平均的な金利は4~12%、限度額は無担保のもので30~700万円、担保が必要なもので100万円~1億円となっています。

○その他のローン
日常生活の中での様々な要件に対応しているローンプランがあり、例えば冠婚葬祭時に使えるものや、個人や法人で会社を立ち上げる際の費用に使えるもの、旅行などのレジャーで使えるものなどがあります。利用する目的によって設定されている金利や限度額は変わってきますので、気軽に各金融機関で相談してみると良いでしょう。